「被害者」であるという気持ち

2017.09.11 10:11|過食嘔吐の気持ち
マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。



過食嘔吐を繰り返し、28kgまでストーンと体重が落ちました。

心も身体も、すさんでました。

食や身体に、ひどく偏った 「こだわり」 を持っているのに、

その一方で、全てのことが、どうでもいいように感じるようになります・・・・・



生きている意味なんて、ない。

消えてしまいたい。

どうでもいい。

・・・・・・・・・。



以前、私と同じように、摂食障害で苦しんでいる方から相談を受けました。

私も、渦中なんですけどね。

同じ経験者としての意見を聞きたかったんだと思います。


彼女は、

「私は、家族の、そして世の中の被害者なんです」


と、強く訴えていました。

その気持ちは、とてもよくわかります。

私も、自分こそ、母親被害者だ! って、ずっとずっと思っていました。




でも、自分が 「被害者」 であると思っているうちは、治りにくいのかもしれません。

諸悪の根源が、周りの環境であったなら、自分はどうしようもないじゃないですか?



人生 諦める、って気持ちが、心のどこかに存在してしまっている。

そうなったら、多分、身体は元気にはならない。



被害者」 であるという気持ちが、なくなった時、回復は早いはず。



周りの環境からの影響を多大に受け、そのコミュニケーションの中で、

摂食障害になったんです。

コミュニケーションは、お互いの存在があって、成り立つことなので、

お互いに影響を与え合っているんです。


だから、一方的に、自分が 「被害者」 だと思い込むのは、

自分を無力にしてしまうだけ。



私は、母親から、

「どうせ、全部お母さんのせいなんでしょう?」


と言われた時、あまりに驚いてしまって、返す言葉に詰まりました。

もういいや、って思った。

この人とは、理解しあえないと思った。



それで、いいと思う。

親子だから、わかり合えるとか、わかってもらいたいとか、

心のどこかで、期待してしまっている私がいました。



でも、母親は、私とは全く別の人間で、考え方も全く違えば、生き方も全く違う。

母親は、私に 「被害」 を与えたとは、これっぽっちも思っていないし、

むしろ、私のために一生懸命尽くしてきた、と思っているくらいでしょう。


だから、私が、一方的に 「被害者」 だと思い込んでいるのも、

バカな話。






ランキング参加してます!







テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:過食嘔吐 摂食障害 激ヤセ 栄養失調 母親 依存症 被害者 人生 諦め コミュニケーション

Comment

非公開コメント

| 2018.04 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

マチルダ

Author:マチルダ
摂食障害になって、16年になります。
この16年間、孤独になり、色々なことを考え、色々な人と出会い、色々なことを経験しました。
吐きたい心、枯渇した心、偏る思考、それに振り回される身体。
極度の栄養失調。
その中で、私が感じたことを綴ります。
希望とともに。

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
903位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
128位
アクセスランキングを見る>>

ランキング応援お願いします!

FC2Blog Ranking

ブログ村

免責事項

当サイト内の掲載記事の情報は、私自身が経験したことをもとにしています。 ご本人の判断で、自己責任のもと、お読み願います。 また、時々ご紹介しているアロマセラピーは、基本的取扱い方、使用法を十分に知った上で、ご利用ください。 万が一、ケガやトラブルや、その他、発生した際には、一切の責任を負いかねますので、ご了承願います。

ランキング

amazon

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

ページトップへ