つづき 2  「食べない心と親の心」 読みました。

2017.08.20 15:09|過食嘔吐の気持ち
マチルダです。

こんにちは。

昨日、一昨日の続きを。

  一昨日の記事 →→→  「食べない心と親の心」 読みました。

  昨日の記事 →→→  つづき  「食べない心と親の心」 読みました。



食べない心と親の心


p.176
残念なことですが、家族が一番のストレスになっていることが、ほとんど。

家族から、遠く離れるだけで、どんどん元気になる人がたくさんいる。


摂食障害は、「食」にまつわる依存症

なので、ストレスがある時ほど、「食」 に気持ちを逃がして
ストレスから離れようとする。


強いストレスがあるうちは、「食」 への依存を捨てることができない。
ストレスを断ち切ることが必要となる。


「心の傷」 とは、どう気持ちの上で処理していいか、
わからなくなっている未解決の問題が、心の中で永く続いているものを指す。


「心の傷」 の解決は、本人の親にはできない。


両親が、どれだけ熱心に娘の心の傷を解決しようと取り組んだとしても、
娘との関係は、すでに壊れている。



摂食障害の女性が抱える最大の挫折は、
今日まで間違った人生を歩んできてしまったこと。

いまだに、きちんと自分の人生を歩き出せていないこと。


人生をやり直すわけにはいかない。
折り返しのつかない喪失感。


自分は、人生に大きく出遅れてしまった。

その遅れは、一生をかけても埋めることはできない、と感じる。



p.203
治るとか、回復するというイメージが、なかなか掴めない。

自分でも掴めない、内側にある症状の本質をわかってくれていると感じると、
安心する。


回復途上で、ストレスを感じたら、必ず過食衝動は起きる。

問題は、その衝動をどう抑えるか?


いつから、過食衝動を感じたか?
その前に、どこで、誰と、何をしていたか?

衝動の源は、たいていその直前に感じたストレス。

ストレスが未消化であるために、過食へ気持ちを逃がそうとする。



p.215
心に傷を持たない子供なら・・・・・
心の原点を親に置き、自分の価値観の基準とする。


摂食障害の女性の心の原点は、両親にはない。
反発や否定感が強すぎて、自分の基準にはできない。


心の原点が定まっていないと、常に答えを探し求めて、心は迷走し続ける。

何も信じるものがない。何も頼るものがない、という状態。
そして、これはしばしば自暴自棄にもなる。


新しい出会いがあり、その人が素晴らしい人だと思うと、
自分の全てを委ねるほどに、深く傾倒してしまい、

やがて失望して関係を断ち切り、再び自分が頼れる人を探し始める。

これを、果てしなく繰り返していくことになる。


原点がないまま、いつでも相手のペースとなってしまい、
いつも自分自身の考えが定まらない状態が続く。


原点を心の中に作る。

それが、再発させないために必須となる。

社会的自立、それは血縁関係のない人たちと無償で助け合ったりする関係を、
どんどん広げていけること、それが本物の自立である。

-------------------------



摂食障害の人の気持ちをとてもよく表してくれている本です。

この本の最後は、次の言葉で締めくくっています。


  「摂食障害は完治できます。

  そして再発を心配することなく生活することができます。

  症状に悩まされている時には想像もつかないほど、楽しめる人生

  生きがいのある人生が待っています。

  ぜひ、勇気を出して、回復へと踏み出してください。」






ランキング参加してます!







テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:過食嘔吐 摂食障害 激ヤセ 栄養失調 母親 食べない心と親の心 依存症 孤独 衝動 人生

Comment

非公開コメント

| 2018.04 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

マチルダ

Author:マチルダ
摂食障害になって、16年になります。
この16年間、孤独になり、色々なことを考え、色々な人と出会い、色々なことを経験しました。
吐きたい心、枯渇した心、偏る思考、それに振り回される身体。
極度の栄養失調。
その中で、私が感じたことを綴ります。
希望とともに。

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
903位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
128位
アクセスランキングを見る>>

ランキング応援お願いします!

FC2Blog Ranking

ブログ村

免責事項

当サイト内の掲載記事の情報は、私自身が経験したことをもとにしています。 ご本人の判断で、自己責任のもと、お読み願います。 また、時々ご紹介しているアロマセラピーは、基本的取扱い方、使用法を十分に知った上で、ご利用ください。 万が一、ケガやトラブルや、その他、発生した際には、一切の責任を負いかねますので、ご了承願います。

ランキング

amazon

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

ページトップへ