「食べること」 への執着

マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。


「食べること」 に対しての気持ちが、少し変わってきたような気がしています。

食べ物に関する様々な情報は、世間にたくさん溢れていて、

どうしても影響を受けやすくなります。


摂食障害になった頃、私はマクロビオティックをしていました。

かなり厳密に、しっかりと。

リマ・クッキング スクールに通ったりもしました。


そして、その後、フルータリアンもしました。

ファスティング もしました。

以外に、我慢しなくても、数日間のファスティング できてしまいます。

その後、過食嘔吐になっちゃいますが。


これだ! と思うと、試したくなってしまうので、

たくさんの本を読みながら、それを参考に、はまってしまうわけです。

周りが見えなくなります💧



子どもの頃から、母親に「栄養があるから食べなさい」 的なことを強いられ、

好きでもない物を 「美味しい」 と無理に言って、母親のご機嫌を取ってきました。



そんなこんなで、最近は、

「食べること」 に関して、面倒に感じることが増えてきました。

自分にとって、「食べる意味がわからないもの」 が多いのです。

何が食べたいのか? 良くわからない。

お腹は空きます。

ただ、そこで、何を食べたらいいのか、わからなくて困ってしまうのです。


そのまま、食べずにいることも苦痛ではありません。

食べずにいると、栄養失調が改善されないので、

また過食嘔吐の繰り返しをしてしまう可能性があります。

それは、避けたいので、(当たり前ですよね)

取りあえず、栄養摂取するようにしています。

「食べること」 が、身体を維持するための 「手段」 になりつつあります。


これが、良いことなのか? 良くないことなのか?

それは、わかりませんが、今はこんな感じなのです。


楽しく食べられたらいいのに・・・・・

いつか、そういう時がきますように。




先日、ご紹介した藤川先生の本、発売一週間で増刷となりました✨


読みやすい内容ですので、お勧めです!
これで、人生変わる可能性もありますね。




ランキング参加してます!







テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ: 過食嘔吐 摂食障害 激ヤセ 栄養失調 母親 マクロビオティック ファスティング 断食 うつ・パニックは鉄不足が原因だった

Comment

非公開コメント

| 2018.08 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

マチルダ

Author:マチルダ
摂食障害になって、16年になります。
この16年間、孤独になり、色々なことを考え、色々な人と出会い、色々なことを経験しました。
吐きたい心、枯渇した心、偏る思考、それに振り回される身体。
極度の栄養失調。
その中で、私が感じたことを綴ります。
希望とともに。

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
283位
アクセスランキングを見る>>

ランキング応援お願いします!

FC2Blog Ranking

ブログ村

免責事項

当サイト内の掲載記事の情報は、私自身が経験したことをもとにしています。 ご本人の判断で、自己責任のもと、お読み願います。 また、時々ご紹介しているアロマセラピーは、基本的取扱い方、使用法を十分に知った上で、ご利用ください。 万が一、ケガやトラブルや、その他、発生した際には、一切の責任を負いかねますので、ご了承願います。

ランキング

amazon

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

ページトップへ