母親のヒステリーと 両親の罵りあい

2017.07.21 19:33|両親
マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。



多くの摂食障害の方がそうであるように、

私も、子どもの頃からの母親との関係が、大きな原因となっています。



母の何気ない言動に左右されてきました。

子どもは、ひとりでは生きていけない。

子どもにとっては、命が掛かっているのです。

親に育ててもらっているから。



子どもって、身体が小さいけど、立派な人間です。

言葉で色々表現する能力はまだないけれど、

その分、色々なことを見ているし、感じ取っています。



両親の 「罵りあい」 。

こういうことに、子どもは敏感。

ただの、喧嘩や意見の食い違いではなく、罵りあっている。

子どもは、すぐに感じ取る。

そして、いつその矛先が自分に向かってくるのか?

とても不安になっています。


  罵る (ののしる)
   1. 大声で非難する。怒鳴ってしかる。
   2. 口汚く悪口を言う。
   3. 声高にものを言う。やかましく騒ぎ立てる。・・・・・・・・・・
   ---------大辞林---------


わかりやすい表現ですね。

本当に、この通りです。



大抵、途中から父は黙る。

母がキーキーするから。

まさに、「声高に」

  「口汚く」

  「やかましく騒ぎ立てる」。


父は、疲れ果てて、もう、諦めてしまうんだろう。

母は、そんなにエネルギーを溜め込んでいるのか?

全エネルギーを発散とばかりに、延々とキーキーが続く。




母親に、理不尽に怒られたことがある。

冬の寒い日だった。

「出て行きなさい!」

と、怒鳴られ、怖くて怖くて、じっと耐えていた。

動けず、言葉も出てこない。

自分が消えてしまいたいと思っていた。

「あんたが出て行かないなら、お母さんが出て行く!」 と、

まだ赤ちゃんだった弟を背中におぶったまま、外に出て行ってしまった。


黒地に花柄の、おんぶ紐が、玄関ドアから出て行った瞬間を、良く覚えている。

じーっとしていた。

追いかけて行ったほうがいいのか、静かにおとなしくしていたほうがいいのか、

ずっと考えていた。

どうして、いつも、こうなってしまうんだろう?

どうして、ここに私はいなくてはならないんだろう?

こういう時に考えることは、いつも同じだった。


どのくらい時間が経ったのか、わからない。

どうしたんだろう?

もう、帰ってこないのかな?

どこに行ってしまったんだろう?

と、心配になって、外に出てみた。

庭で、おんぶした赤ちゃんをゆすって あやしている母がいた。

そこからの、記憶はありません。

・・・・・・・・・


その後、私はどうしたんでしょうか?

そのうち、思い出すことがあるのか?

それとも、こんなことがあったこと自体、忘れていくのでしょうか?




外出先で、子どもに対してキーキーしているお母さんを見るのは、

とても心苦しいです。

自分のことを思い出すのか?

その子のことが、心配になるのか?

子どもが、やり込められていて、隅へ隅へと追いやられ、

逃げ場がない状態。

はっきり言って、見てられない。

親の方といえば、ほとんど無意識にやっているから、自覚もない。


最近、そういう時、その子に ウインク(^_-) します。

大抵、その子は、はっとして、何か雰囲気が変わります。


その子に、一瞬でも、ユーモアを与えてみたり、

逃げ場を作ってあげられたらいいな、と思います。

子どもたちが、息苦しい思いをせずに、生きていけますように。





ランキング参加してます!







テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:過食嘔吐 摂食障害 激ヤセ 栄養失調 母親 ヒステリー 両親 喧嘩 子ども

Comment

非公開コメント

| 2018.08 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

マチルダ

Author:マチルダ
摂食障害になって、16年になります。
この16年間、孤独になり、色々なことを考え、色々な人と出会い、色々なことを経験しました。
吐きたい心、枯渇した心、偏る思考、それに振り回される身体。
極度の栄養失調。
その中で、私が感じたことを綴ります。
希望とともに。

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
283位
アクセスランキングを見る>>

ランキング応援お願いします!

FC2Blog Ranking

ブログ村

免責事項

当サイト内の掲載記事の情報は、私自身が経験したことをもとにしています。 ご本人の判断で、自己責任のもと、お読み願います。 また、時々ご紹介しているアロマセラピーは、基本的取扱い方、使用法を十分に知った上で、ご利用ください。 万が一、ケガやトラブルや、その他、発生した際には、一切の責任を負いかねますので、ご了承願います。

ランキング

amazon

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

ページトップへ