28kg だった私

2017.05.31 23:26|激ヤセ期
マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。



過食嘔吐を繰り返し、28kgまでストーンと体重が落ちてしまった頃。

身体には、色々な症状が起こりました。



汗をかかない。

なので、真夏でも、

肌がベタベタすることもなく、サラッとしてました。



その反面、寒さには敏感。


いつでも、どこでも、寒い

とにかく、寒い



真冬は、使い捨てカイロが手放せず、

毎日 20枚ほど貼っていました。

つま先、足の甲、足首、すね、膝、腿の外側、おしり、肩甲骨、二の腕、肩。



寒いから、毎日何度も、お風呂に入ったり、足湯をしたり。

でも、すぐ寒くなる。

いつも、身体がスースーしている。



身体の中で、風が吹いている感じ。



寝る時は、湯たんぽ 2つ。

湯たんぽを抱えると、ホッとしていた。



いつでも、どこでも、寒くて寒くて、困ることがたくさんありました。

夏は、建物の中にいられない。

バスや電車に乗れない。

エアコンが骨に沁みました。

カフェも、スーパーも、コンビニも、銀行のキャッシュコーナーも・・・・・

夏なのに、使い捨てカイロを持ち歩いていた。

一番冷える、つま先には、いつもカイロを忍ばせていた。



普通の行動ができなくて、

人と一緒に行動することができなくなった。

人が、面倒で、嫌いになった。

とても、さみしい人生だった。





ランキング参加してます!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキング

テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:過食嘔吐 摂食障害 激ヤセ 寒い さみしい人生

心の問題 & 身体の問題 つづき 2

2017.05.30 23:13|摂食障害と栄養失調
マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。


摂食障害には、「の問題」 と 「身体の問題」 があると、以前書きました。

身体の問題は、栄養失調です。

糖質中毒による、

タンパク質 ・ 脂肪酸 ・ ビタミン ・ ミネラル不足。

糖質の快感を得るために、糖質の過食に走ってしまう・・・・・




ひどい栄養失調状態になると、

生きるためのエネルギーが不足 してしまいます。


だから、過食してしまうのは、身体を維持するためには、当たり前のこと。


「もう、エネルギーがなくて、死んじゃうよ!

早く!!!

早く、エネルギー補給してよ!」





こんな風に、身体が叫びが聞こえてきそうです。








ランキング参加してます!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:過食嘔吐 摂食障害 栄養失調 糖質中毒

アルコール・・・まるで、魔法✨

2017.05.29 21:18|アル中
マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。



アルコールで、ストレス発散することを覚えた私。

飲みに行くために、仕事。

仕事をすれば、飲みに行ける。



とりあえず、ビール!

ビール、最高!


なんだか、楽しい♪♪

笑いが溢れてくる ♪

言いたいことは、なんでも言っちゃえ!

「我慢」 という言葉は、ない。

気なんて、使わなくて、O.K.

上司だって、なんのその!

酔ってしまえば、許される。

泣きたくなったら、泣けばいい。

涙を流すと、すっきりする。


アルコールって、すごい!

まるで、魔法!




ランキング参加してます!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:過食嘔吐 摂食障害 アルコール中毒 ストレス発散

初めて吐いた日

2017.05.28 21:57|アル中
マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。


初めて過食嘔吐をした時のことは・・・・・

覚えていません。

どんなことを、どんな風に考えて、過食嘔吐したのか、思い出してみたい。

いつか、思い出す時が来るのかな?



実は、私は、アルコール中毒でした。


社会に出て、アルコールを覚え、

その、飲んだ時の解放感といったら!


アルコール最高!

飲み会、大好き♡

飲みに連れてってくれる先輩、大好き♡

こんな、新入社員でした。



ある時、責任ある仕事を任されて、それが無事に終わった時。

ほっとした私は、

その打ち上げで、ビールジョッキの一気飲み。

ビールが止まらない・・・・・・



そこから、意識が飛び飛びです。

頭の中が、グルグル回って~

笑いが止まらなくなって~

気持ちが悪くなって~


気が付くと、先輩が、私の口に手を突っ込んで、吐かせてくれていた (T_T) (T_T) (T_T)

訳が分からなくて、もう、ただただ、委ねるしかなくて。


そしたら、なんだか、楽になっていた。


「そっか! 吐けばいいんだ!」


アルコール最高!

アル中に向かう私でした。




ランキング参加してます!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:過食嘔吐 摂食障害 アルコール中毒

母親への復讐

2017.05.26 21:35|母親への復讐
マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。


過食嘔吐は、「無言の抵抗」

と、以前の記事で書きました。



はっきり言って、

母親への、 復讐 です。



恐ろしいことを言っていますが、本当にそうなのです。


復讐 とは。

ひどい仕打ちを受けた者が、
その相手に恨みをもって報復すること。
---------明鏡---------


子どもだって、ひとりの人権を持った人間です。

ただ、身体が小さかったり、生活力がなかったり。

それで、親に養ってもらい、育ててもらいます。

そうすると、親は偉い、だから、子どもはその言いなりになれ。

みたいな関係ができてしまうんですよね。

親の言う通りにしていないと、大変なことになる。

常にその圧力がかかって、抑えられている。

ずっとずっと、抑え込んでいたものが、

ある時、何かのきっかけで、爆発・・・・・



その矛先は?

もちろん、自分にひどい仕打ちをしてきた、母親。



子どもって、結構、残酷です。



ランキング参加してます!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村


テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:過食嘔吐 摂食障害 母親 子ども 復讐

私の身体は、どうなってしまった?

2017.05.22 20:36|激ヤセ期
マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。



過食嘔吐をし続け、28kgにまで瘦せてしまった私。

身体も、心も、栄養失調状態なので、まともな思考ではなかったと、

今となっては、そう思っています。



あれ? と思っているうちに、みるみる痩せて、

ん?

何これ?

何が起こっている?


私の身体は、どうなってしまった?


そのことに、とても興味がありました。



世の中の 「摂食障害の専門家」 という人達は、


この私に、どんな診断をするのだろう?


摂食障害を専門にしている医者を探し、心療内科を探し、

都内のクリニックや病院など、受診しました。



2~3年の期間だったでしょうか?

摂食障害の専門医 2人、一般的な精神科医 4人に受診しました。

どの先生も、人当たり良く、嫌な感じもありませんでした。


でも、


摂食障害は、治せないんですよ。」 と言われた気がした。


「私たち専門医は、あなたのその症状を自分で経験したことがないんです。

ですので、今までの患者さん達の例や文献から得た知識から、

あなたに当てはまりそうなものを選んで、お伝えする。

そのくらいしかできないんです。」


こう言われた時には、確かに、その通りだよね。

と、妙に納得してしまった。



総合病院の精神科にかかった時は、ひと通りの検査をすることになり、

あまりの身体のボロボロさ加減に驚かれ、

「即、入院!」 させられそうになり、

うまくごまかして逃げてきた。


医者の言葉や、他の多くの患者さん達の姿を目の当たりにして、

簡単には治らないんだな・・・・・・・・・・・

10年とか、かかるんだろうな・・・・・・・・・・

と、漠然と、他人事のように感じていました。



ランキング参加してます!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:摂食障害 過食嘔吐 激ヤセ 精神科 心療内科

心の問題 & 身体の問題 つづき 1

2017.05.14 10:21|摂食障害と栄養失調
マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。

摂食障害は、「の問題」 と 「身体の問題」 があります。

昨日の続き。
私の経験から、感じてきたこと、個人的な解釈を書きます。


身体の問題は、栄養失調です。

ひとことで表現すると、

糖質中毒による、
タンパク質 ・ 脂肪酸 ・ ビタミン ・ ミネラル 不足。



私たちは、愛も栄養も、必要としています。

愛情でが満たされていなければ、
現実を受け止めることができなくなります。

現実逃避します。

現実逃避するには、糖質の快感は、手っ取り早い。

糖質による快感 を得ると、もう、抑えることはできません。

たいてい、糖質の過食になります。

ここで、過食に走らなければ、他の精神的な症状になります。

糖質の過食をしていると、あっという間に 糖質中毒になります。

栄養失調へ、まっしぐら!


栄養失調状態なので、身体はエネルギーを求めます。

燃料となるものが、枯渇しているので、糖質を求めます。
糖質は、麻薬と同じような中毒性があります。
ですから、過食に走ってしまうのです。
(ここでは、簡単に表現しましたが、また改めて、記事にしたいと思っています。)


栄養失調状態を改善しないことには、過食の衝動は治まりません。

衝動 とは。

抑制の利かない欲求によって理性を失い、
発作的 ・ 本能的に行動しようとするの動き。
------明鏡国語辞典------


内部から、脅迫的に動かされる行為のことで、
反省やためらいや意図などの介入する余地がないもの。
------ブリタニカ国際大百科事典------


わかりやすいですね。
過食の衝動は、自分では、どうにもならないんです。

どうにかしたいのに、どうにもならない。
苦しいけど、どうにもならない。

考えれば考えるほど、陥ってしまう、負のループ。


ランキング参加してます!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:過食嘔吐 摂食障害 糖質中毒 栄養失調 現実逃避 衝動

心の問題 & 身体の問題

2017.05.13 10:48|摂食障害と栄養失調
マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。

摂食障害は、「の問題」 と 「身体の問題」 があります。

私の経験から、感じてきたこと、個人的な解釈を書きます。


の問題は、自信の喪失、自尊心の欠如ですね。
これは、子どもの頃の環境 に大きく左右されると思います。

ヒステリーな母親。
過保護。 過干渉。
子どもの感受性に対する、親の無神経さ。


まじめで、脅迫的に頑張る 「いい子
自己犠牲が得意。

私が 「いい子」 にしていて、母親の言いなりになっていれば、
事は荒立たない。
物事はスムーズに進む。


母親が機嫌を損ねると、ヒステリーが始まって、
こちらが耐えられない。
面倒なことになる。

言いたいことも言えず、ビクビクしながら、母親のご機嫌を取る。

ビクビクしている子どもの気持ちに全く気付かない母親。


子どものは麻痺していく。

こういうことを、誰かに話すことはなかった。
誰もいなかったし、それが普通になっていた。

キーキーする母親に、耐えるだけだった。


生きるとは、
苦しみだと思っていた。


何のためだか、良くわからないけれど、頑張って良い成績を取り続けることが、
そして、学校の先生や周りの人たちから、「いい子」 だと思われることが、

生きることで、一番、大事なことだと思っていた。


知らず知らずのうちに、
そう思いこまされていた。



今となれば、
なんて、バカバカしい!

と思いますけど。
こういう環境におかれ、こうせざるを得なかったんでしょうか。


なんて、周りが見えない子だったんでしょう! 私は!

もっと、見渡すことができていたら、
世界が広いことも、
色々な生き方をしている人たちがいることも、
楽しい世界があることも、

そして、生きるとは、楽しいことなんだ、ということも、わかったでしょうね。


ランキング参加してます!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:摂食障害 過食嘔吐 栄養失調 現実逃避 自尊心 いい子

病院では治らない

2017.05.12 10:02|薬剤師として思うこと
マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。


過食嘔吐を続け、「なんか、痩せてる・・・・・」 と思った時、

もしかして、 これが、 摂食障害

と気付きました。

こういうの、すぐには治らないよね。

他人事のように思っていました。



病院に行っても、治らない。


を病んだ人たちが、精神科、療内科に受診し、1錠の安定剤を処方され、
あっという間に処方薬が 20錠、30錠・・・と増え、廃人のようになってしまった例をたくさん見てきました。

廃人なんて、言葉は悪くて申し訳ないですが、本当にそうなのです。

私たちには、どうすることもできない、この医療システム
深い深い、闇の世界。


だから、私には、薬の服用という選択はありませんでした。



ランキング参加してます!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:摂食障害 過食嘔吐 激ヤセ 医療システム

みるみる痩せる・・・

2017.05.11 17:20|激ヤセ期
マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。


過食嘔吐を続けていると、体重がどんどん落ちます。
ピッタリだったはずのジーンズが、ブッカブカ に。

なんとなく、身体がゴツゴツした感じがして、鏡で見てみると・・・・・

骨が浮き出ていた。


「なんか、痩せてる」


ジーンズは、24インチになった。

身体が軽くなった気がして、不思議な感覚だった。

吐くたびに、リセットされ、身体の中からピュアになり、
そのうち、自分が透明になってしまうんじゃないかと、思うほどだった。

今、思い返すと、著しい栄養失調のために、思考も狂っていましたね。
でも、あの頃は、本当にそう思っていたんですよね。


過食嘔吐しているなんて、誰にも言わなかった。

言えなかった。

自分では、そんなに深刻なことではなかったし、
嘔吐している時は苦しかったけど、結構、元気に動いていた。

仕事も普通にできたし、休日は友人とあちこちドライブなどにも出掛けていた。

でも、それは、最初だけだった。



しばらくすると、
身体が重くて、怠くて、しんどくなった。
すぐイライラするし、突然、悲しくなって涙が出てきた。

息切れするし、仕事にも支障が出てきた。
調剤室で、ずっと立っていることができなくなってしまった。

とにかく、怠い。
忙しい時間帯は、効率よく仕事を回すため、イスには座らないことになっていた。

今まで、普通にできていた仕事なのに、目が回るように感じてしまった。

これでは、仕事にならない。
調剤過誤を起こしかねない。


仕事は、辞めた。


こうして、世の中との繋がりが、なくなっていく。

人と食事をすることも、不安。
人と会う約束も、怖い。
どんどん、できないことが増えていく。

自分だけの、ひとりぼっちの世界に、こもっていく。


ランキング参加してます!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:摂食障害 過食嘔吐 激ヤセ

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

マチルダ

Author:マチルダ
摂食障害になって、16年になります。
この16年間、孤独になり、色々なことを考え、色々な人と出会い、色々なことを経験しました。
吐きたい心、枯渇した心、偏る思考、それに振り回される身体。
極度の栄養失調。
その中で、私が感じたことを綴ります。
希望とともに。

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
272位
アクセスランキングを見る>>

ランキング応援お願いします!

FC2Blog Ranking

ブログ村

免責事項

当サイト内の掲載記事の情報は、私自身が経験したことをもとにしています。 ご本人の判断で、自己責任のもと、お読み願います。 また、時々ご紹介しているアロマセラピーは、基本的取扱い方、使用法を十分に知った上で、ご利用ください。 万が一、ケガやトラブルや、その他、発生した際には、一切の責任を負いかねますので、ご了承願います。

ランキング

amazon

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

ページトップへ