三日坊主💧

2017.10.22 14:04|過食嘔吐の気持ち
マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。


昨日、記事を書いていて、自分が三日坊主であるというところにたどり着きました。

昨日の記事はこちら →→→ 自分が許せない



私は、何かやると、三日坊主になることが多いんです。


でもね、その3日間、それはそれは ものすごく集中します。



一日中、そのことしか考えられないくらい、

そして、夜もドキドキ寝付けないくらい、

そして、夢にも出てくるくらい、

そして、朝も超早起きしてしまうくらい、

そのことで頭がいっぱいになってしまいます。


そんなことしていて、疲れ切ってしまうんです。

当たり前です。


で、疲れて、ぐったりして、その熱は冷める。


・・・・・・・・・・やっぱ、ダメだわ。

ちょっと、疲れたからお休みだ。

そなって、三日坊主の出来上がり。




この前、何かで、

「たとえ三日坊主であっても、何もしないよりはマシ」

という内容のものを目にしました。

確かにそうかもしれないですけれど。



この、熱しやすく冷めやすいタイプ、

気分の変動があり過ぎて、疲れやすいし、

エネルギーを無駄に消費していますよね。

せっかくのエネルギーが、もったいない気がします。


何か、ひとつに集中したら、結構いいところまでいけるんじゃない?

なんて、調子のいいことを考えてしまいました (^v^)

そう、ひとつのことを、コツコツと続けてみたいものです。




ランキング参加してます!








テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:過食嘔吐 摂食障害 栄養失調 依存症 三日坊主 集中力 エネルギー 消費

自分が許せない

2017.10.21 14:37|過食嘔吐の気持ち
マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。


過食嘔吐を繰り返し、28kgまでストーンと体重が落ちました。

原因は、母親とのコミュニケーションの取りかたが、一番大きいと思っていますが、

他にも色々なことが複雑に混ざり合っています。



今、じっと自分を観察してみると、


自分が許せない。


この気持ちがあることがわかります。




それは、なぜ?



うまくいっていないから。



そして、その 「うまくいっていない」 ことは、

結局、自分が、そのように行動してきたからです。


今の自分は、今まで生きてきた結果の集大成。

現在の姿が、それを全て表しています。



それならば・・・・・

今から、自分の思うように行動していれば、

数年後、違った自分の姿になっているはず。



コツコツと何かを積み重ねていくしかない。



魔法のように、一瞬で全てを変えることはできない。



魔法なんてないことは、よくわかっているけれど、

私には、この当たり前のようなことが、すごく難しい。




すぐ結果を求めてしまう。

すぐに良くなりたい。



こんな気持ちが常にある。


この気持ちを変えるのは、結構たいへん。

ただ、単に、コツコツと続けるだけなんですけどね。

焦らず、じっくり何かを積み重ねていく。



当面の、目標かな。


三日坊主の、マチルダでした。




ランキング参加してます!








テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:過食嘔吐 摂食障害 栄養失調 依存症 人生 コミュニケーション 結果 三日坊主 目標

親のキャパシティーを超えています

2017.10.20 17:30|過食嘔吐の気持ち
マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。



その大きな原因は、母親との関係が大きな原因だと感じています。

渦中は必死でしたが、今となってみると、色々なことが見えてくるようになりました。



のご機嫌なんて、とる必要ありません。

まして、子どもをヒステリーやストレス発散の

八つ当たりの対象にするなんて、論外です。


それは、がバカなんです。


賢いは、子どもに対してそういう態度を取りません。

ひとりの人間として扱います。

子どもは、身体が小さいけれど、

そして、言葉で表現するのがうまくできないけれど、

同じ人間です。



子どもは、の所有物ではないし、の一部でもありません。

立派な、ひとりの人間です。



子どもは、親よりも新しい時代に生まれているので、


親のキャパシティーを超えています。


親の手に負えないかもしれない。

それは、当たり前のこと。



もっともっと、世界を見渡せば、いろんな人がいることが見えてきます。


親に固執することはない。




親の小さな囲いから、大きな世界へ飛び出せばいいと思う。

好きなように生きたらいい。

生きることは、本当はとっても楽しいことなんだと感じるはず。




ランキング参加してます!










テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:過食嘔吐 摂食障害 栄養失調 母親 依存症 子ども ストレス キャパシティー

なぜ、摂食障害になったのか?

2017.10.19 21:14|過食嘔吐の気持ち
お久しぶりです。

マチルダです。


私は、自分が摂食障害になったことに、とても興味があります。

というと、変な表現なんですが、


ようするに、なぜ、摂食障害になったのか?


ということに興味があるんです。


私の場合、過食嘔吐は 「無言の抵抗」 だと思っていますが、

    それについての記事はこちら →→→ 過食嘔吐は 「無言の抵抗」

でも、なぜ 「過食嘔吐」 という方法を選んだのだろう?


ここが、不思議に思うところです。

過食嘔吐で快感を得ていたのですが、

それならば、リストカットする方も、快感を得ていると聞きますので、

なぜ私は、そういう方法を選ばずに、過食嘔吐になったのか?


アル中にもなりました。

でも、そこからすぐに過食嘔吐になり、しばらくして アル中はなくなりました。

つまり、アル中は、過食嘔吐への入門編だっただけ。


アル中で吐くことを覚えたから、過食嘔吐に自然と移行した、という感じもします。


なぜ、過食嘔吐になったのでしょう?


1. 栄養が足りていなかった。
    → そのためか、もともと食べ過ぎることがよくあった。
      食べムラがひどかった。

2. 言いたくても言えないことを、溜め込んでいた。
    →反抗することがなかった、「おとなしい子」 だったから、
      母親や先生のストレスのはけ口となることが多かった。
      の中では、色々思っていたが、それを口にできず、溜めていた。


このふたつのことが、考えられます。

これが、少しずつ改善されてきているからなのか、

私の体調も、最近、良くなってきています。

これまた、不思議なことです。

その、身体の仕組み、とても興味があります。


身体のこと、本を読み始めたら、面白い!



今、じっくり読んでいるのは、
「代謝がわかれば身体がわかる」




生化学は、大学時代に、「レーニンジャーの新生化学」 という分厚い教科書で、

かなり勉強したはずなのですが💧

なにせ、暗記ばかりの毎日でしたので、

その教科書に書かれていることが、自分の身体の中で起こっていることと結びつけることができず、

ただ単に 「生化学」 という教科として、私の中で記憶されているのです。


今、改めて生化学の本を読んでいると、

自分の身体の中で起きている奇跡のような反応が、神秘的で。

感動します✨



さらに、私が感動のあまり涙しながら読んだのは、
「動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか」




福岡博士の表現が素晴らしくて、涙なしには読めませんでした。

自分の身体の中で、どんなことがどんな風に起きているのか。

日々、どうやって私は生きているのか。

最近のテーマです。






ランキング参加してます!








テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:過食嘔吐 摂食障害 栄養失調 依存症 衝動 「代謝がわかれば身体がわかる」 大平万里 「動的平衡」 福岡伸一

20~30代を無駄にした私

2017.09.27 19:30|過食嘔吐の気持ち
マチルダです。

摂食障害になって、16年になります。



20代半ばで摂食障害になりましたが、

その前に 2~3年、アル中もありましたので、

20~30代という、貴重な時期を、

アルコール漬け、過食嘔吐の毎日で過ごしてきました。


摂食障害の人は、完璧主義だったり、頑固だったり、

自分を追い詰めることが得意のように思います。

(これは、私が今までに感じてきたこと、本を読んだりして得たことです。)

なので、身体はボロボロの状態なのに、

結構動けます。

自己犠牲大好きでしたから。


そこそこ動けてしまうけれども、

その間に、常に過食嘔吐という行為があるので、

何か大きな目標を成し遂げたりすることを、諦めてしまいます。

だから、中途半端なことしかできない。



逆に言えば、自分に自信がなくて、

大きな目標などに向かって頑張ることが、怖い。

だから、自分に言い訳するために、「過食嘔吐」という行為をし、

自ら諦めさせるように、してしまう。


こういうことなんじゃないか? と思っています。

もちろん、その根底には、母親との関係やコミュニケーションの摂り方、

育ってきた環境など、複雑な要素が絡み合っています。


20~30代って、体力、時間、金銭面にバランスが取れている時期です。

自分の価値観を変えるような、大きな経験ができますよね。


時々、自分でも、

「あー、私って、何やってるんだろう・・・」

こんなこと、思うことがあります。

しょうがないんですけどね。


栄養失調ということもあり、本当に体力がなくて、

年齢を感じることがあります💦


でもね。

素晴らしい名言が✨



A woman dose not become interesting until she is over 40.

    ----- Coco Chanel -----


女は 40を過ぎて初めておもしろくなる。
   ----- ココ・シャネル -----


ね! 素晴らしい、名言です!

40ですよ、40!

まだまだ、これからなんですよ!

おもしろくなるのは!


気分が明るくなりますね✨  ←← 単純。


今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました♡




ランキング参加してます!








テーマ:摂食障害
ジャンル:心と身体

タグ:過食嘔吐 摂食障害 栄養失調 依存症 衝動 ココ・シャネル 名言 母親 自己犠牲 諦め

| 2018.09 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

マチルダ

Author:マチルダ
摂食障害になって、16年になります。
この16年間、孤独になり、色々なことを考え、色々な人と出会い、色々なことを経験しました。
吐きたい心、枯渇した心、偏る思考、それに振り回される身体。
極度の栄養失調。
その中で、私が感じたことを綴ります。
希望とともに。

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
2533位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
390位
アクセスランキングを見る>>

ランキング応援お願いします!

FC2Blog Ranking

ブログ村

免責事項

当サイト内の掲載記事の情報は、私自身が経験したことをもとにしています。 ご本人の判断で、自己責任のもと、お読み願います。 また、時々ご紹介しているアロマセラピーは、基本的取扱い方、使用法を十分に知った上で、ご利用ください。 万が一、ケガやトラブルや、その他、発生した際には、一切の責任を負いかねますので、ご了承願います。

ランキング

amazon

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

ページトップへ